カリキュラム・講師紹介

FC今治高校 里山校(FCI)では強いリーダーを育てるため、「エラー&ラーン」をモットーに、自分の頭で考え、やってみてそこから学ぶ、実学・実践を重視したカリキュラムを、各界の最先端で活躍するエポックメーカーや現役の実務家などのパートナーとともに提供していきます。

授業のイメージについては、キャンパスツアーの様子もご参考ください。

「守破離」をベースにした主体性・学習意欲を引き出すカリキュラム

岡田学園長は「守破離」をベースとした人財育成メソッドを確立しており、FCIのカリキュラムはこのメソッドに沿って設計するものです。

1年次には一般教科の授業に比重を置き、教室での学習環境に秩序を設けます。これによってまずは学習の「型」の理解、習得を促します。

学年が上がるにつれて空き時間や自由選択科目を増やし、成長とともに型を「破り」、「離れ」、自分で主体的に学びを深めていく環境を整えていきます。

またそれぞれの「守破離」のタイミングに合わせた個別最適な学びの環境を整えます。

なおカリキュラムの設計にあたっては、カリキュラム開発パートナーとして株式会社リバネスが参画し、FCIの評議会議長を務める鈴木寛氏の助言のもと、協議を経て決定いたしました。

ヒストリック・キャプテンを育てるカリキュラム

業界の最先端で活躍する特別講師から、自身の“遺伝子スイッチ”が入った経験を学ぶ講座です。ビジネス、スポーツ、芸術、グローバルなど様々な領域で「好き」を究めたエポックメーカーを講師に迎え、熱意をもって物事に向かう彼らとの刺激的な対話からマインドセットや社会への向き合い方を学び、生徒自身が夢中になって卒業後も探究したいと思える自分のテーマを探します

この講座は3年間にわたって実施する、ヒストリック・キャプテンのベースとなる講座です。ロールモデルの経験を一つの事例として自分の中に落とし込みながら、カリキュラム全体を通してタフネスを身に着けます。

#挑戦心 #決断力 #心のエンジン #敬う心 #キャンプテンシップ #リーダー論


リアルな社会で何が起きているのかを肌身で感じ、社会に何が求められているかを探究します。当事者意識をもって主体的に取り組むために自分自身が夢中になれるテーマを設定し、実際の社会と繋がりマイプロジェクトを実践します。また連携先の企業や多様なメンバーのなかで自己を発揮し、チームとして解決のアプローチを探ることで自分自身の多面性や得意不得意な領域を見つめます。

#探究学習 #PBL #事業創造 #共創 #実践 #地域連携 #フィールドワーク #マイプロ


人間本来の力を呼び覚まし、地球で生きていくためのスキルを身に着ける野外体験教育と、マインドセットとしての環境教育を、必修授業として実施します。これからの未来を創るために必要不可欠な地球環境や持続可能性への理解力・考察力を養います。詳しくはこちらの記事もご覧ください。

#野外活動 #お遍路ウォーク #達成感 #タフネス #自然への畏敬 #脱炭素社会 #GX #SDGs


座学においても各分野のエキスパートを講師に迎え、実学を重視した授業を展開します。抽象化力養成講座についてはこちらの記事もご覧ください。

#ロジカルシンキング 

磨かれた感性は人間力を伸ばします。一般教科のなかでもスポーツ(保健体育)とアート(美術・音楽)の授業に力を入れ、トップアスリートやアーティストから、競技や作品に向き合ってきた熱意や姿勢、またそれらを通して得られたことや獲得した強いマインドなどについて、月に1度の特別講義を受講します。

#表現力 #洞察力

午後は学校を飛び出し地域で学ぶ!生徒一人ひとりの「好き」を見つけて学ぶ授業サイクル

午前中は学校内で学び午後には校外フィールドワーク中心に学ぶ、実践に重きを置いた時間割です。

また、連携するカリキュラムパートナーとの学びあいや社会に根差した実際の経験の中から夢中になれるテーマを見つけることで、基礎教科についても意欲を持てる学習サイクルの構築を目指します。

3年次の授業数は一般的な高校の3分の1程度まで圧縮

一般的な高校では、卒業までにおおよそ102~105単位程度の取得が平均的です。FCIでは、これを76単位(1年次:35単位、2年次:28単位、3年次:13単位)に設定し、学年が上がるにつれて授業数を減らして自学できる余白の時間を確保します。3年次には必修の授業は13単位まで減らし、自学の時間は選択科目を受講したり、カリキュラムパートナーとして連携している企業で探究を深めるなど、生徒自身がカリキュラムをデザインしていきます。

※高等学校学習指導要領による卒業認定単位は74単位
※単位数については現時点での予定であり、変更になる可能性があります。

定期テストはなし!AI時代に必要な「思考力」を重視する実学・実践授業

FCIでは定期テストは実施しません。代わりに教科ごとの単元(学習のまとまり)ごとに行う「単元テスト」を実施してつまづきを発見しながら、学習進度をその都度確認していきます。

FCIではどのように問いに向き合って、どう考えアクションしたかを重視するため、生徒一人ひとりの成長を追いかけ、どう変容し、ヒストリック・キャプテンに近づいているのかを評価の軸とし、ルーブリックで確認していきます。

■FCIでの学びを支える仕組み

授業は下記の特別教科・演習教科・一般教科を用意しています。

・特別教科:ヒストリック・キャプテンシップ養成講座/ヒューマンディベロップメントプログラム/里山未来創造探究ゼミ

・演習教科:抽象化力養成講座/編集力養成講座/金融リテラシー養成講座など特別教科と一般教科を横断するプログラム

・一般教科:国語/英語/数学/理科/社会/保健体育(スポーツ)/美術・音楽(アート)/情報/家庭科

多様なカリキュラムパートナーが参画

各界の最先端で活躍するエポックメーカーや、地元今治市で活躍する現役の実務家などとともに、社会と繋がりながら学びを深め、さまざまな出会いを通して夢中になれるテーマを見つけます

■ヒストリック・キャプテンシップ養成講座

岡田 武史

学校法人今治明徳学園 FC今治高等学校 里山校 学園長/株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役会長

鈴木 寛

東京大学教授/慶応義塾大学特任教授/前文部科学大臣補佐官/社会創発塾塾長/日本サッカー協会理事/元文部科学副大臣

藤沢 久美

株式会社国際社会経済研究所 理事長

山口 周

独立研究者/著作家/パブリックスピーカー

古田 敦也

野球解説者/スポーツコメンテーター

原 ゆかり

株式会社SKYAH 代表取締役/ガーナNGO MY DREAM.org 共同代表

青野 慶久

サイボウズ株式会社 代表取締役社長

宮城 治男

NPO法人ETIC. 創業者

野田 秀樹

劇作家/演出家/俳優

佐渡 裕

指揮者

EXILE HIRO

株式会社LDH JAPAN 代表取締役会長兼社長CEO

松田 悠介

Crimson Education Japan 株式会社 代表取締役

ヒューマンディベロップメントプログラム

株式会社今治.夢スポーツ しまなみ野外学校

一般社団法人 Green innovation

里山未来創造探究ゼミ

株式会社丹後(今治タオルメーカー) 

株式会社今治.夢スポーツ(サッカークラブ運営、カフェ運営)

TORICO(料理研究家)

株式会社hakken(廃棄野菜の乾燥加工事業)

タイガーモブ株式会社(海外インターンシップ事業)

抽象化力養成講座

細谷 功

ビジネスコンサルタント

編集力養成講座

関 龍彦

講談社 FRaU編集長

金融リテラシー養成講座

新井 和宏

非営利株式会社eumo 代表取締役

スポーツ(保健体育)

EXILE TETSUYA

EXILE/EXPG高等学院 学長/厚生労働省 健康クリエイター

杉山 美紗

元アーティスティックスイマー

為末 大

元陸上競技選手

伊達 公子

元女子プロテニス選手

上原 大祐

元日本代表パラアイスホッケープレーヤー

佐藤 貴也

プロオートレーサー

■アート(音楽・美術)

松田 文登

株式会社ヘラルボニー 代表取締役副社長

西川 悟平

ピアニスト

AK Akemi Kakihara

Universal Music アーティスト

吉田 恵美

ニューヨーク在住インテリアデザイナー

松永 大司

映画監督

中嶋 峻太

株式会社直観/ALMOSTBLACK

卒業後の進路

自分が夢中になれるテーマを見つけ、探究を続けられる進路を自ら選択することを想定しています。

大学進学のサポートについて

現在、大学入試においては国公私立いずれも総合型選抜の割合が増加傾向にあり、受験生の学ぶ力が総合的に評価されます。知識・技能、思考力・判断力・表現力、学びへの意欲や人間性などが多面的に重視されるため、高校時代に夢中になって意欲的に学ぶことが、大学受験でも評価の対象になるといえます。

カリキュラム新着情報